上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ことわざっていうのは、常々感心させられるものが多い。
昔のことはうまいこといったもんだなぁとも思うのだが、
ことわざになるってことは、それだけありふれた状況ということの
裏返しなのだとも思う。
「馬鹿と天才は紙一重」っていうのも、俺を感心させることわざのひとつ。
ここでいう天才っていうのは一般人が達成できないようなことを成し遂げてしまう人の
総称と捉えていいと思うが、やはりそういう人たちはそこに至る過程から
ぶっ飛んでる、すなわち馬鹿なんだと思う。
人と同じ事やってたら、人と同じようにしかならないからね。
人と違うとこに行きたきゃ、違うようにするしかない。
ルールや常識に従わない行為というのは多くの場合非難されるものだが、
時として称賛されることもある。それが天才。称賛されなきゃただの馬鹿。

で、何が言いたいかってことなんですがね。笑
大きく変化するためにはぶっ飛んだことをしなきゃいけないかなと、
常識や従来のやり方の大部分を頭から排除しなきゃいけないかなと思うわけだ。
ちょっとここらで一発馬鹿になってやろうってわけ。
結果がでなきゃほんとにただの馬鹿かもしれないけど、それぐらいの覚悟は必要。
スポンサーサイト
2013.09.18 Wed l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://willspower.blog16.fc2.com/tb.php/653-8132d016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。