FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
夕方17時ごろに、「今日の19時から飲むんだけど来れる?」と、
中学時代の友人からメールが来た。
どうやら中学時代の友人をもう一人交えて3人で飲もうということらしい。
奇跡的に今日は暇していたので二つ返事で参加することにした。
待ち合わせ場所に行って話を聞いてみると、どうやらその友人の知り合いの
女の子二人も呼んだということで、結局5人で飲むことになった。

その女の子二人っていうのがねぇ・・・
はっきり言って、自分とは全くソリが合わなそうなタイプの人間だった。
おそらく向こうも俺のことを見て、「は?何、このパッとしない男・・・」
ぐらいのことは思っていた可能性はある(笑
まさに水と油のような関係といっても過言じゃない。
世の中にはいろんなタイプの人間がいるんだなと改めて実感した。

まあ特に話のネタも無かったからありがたいといえばありがたかったんだが、
この二人がよーーーく喋ること喋ること。
ひたすら恋愛話。そして彼氏自慢。
今世紀最高に「どうでもいい」と思ったね。
しかしこうやって異色の人間の恋愛観とか恋愛模様を聞いていると、
自分自身の恋愛の在り方とか向き合い方とまるで違うということに気づかされる。
ああいう人にはああいう人なりの、
自分には自分なりの恋愛観や価値観があるんだと実感した。
で、今のパートナーとはやっぱりそういう感覚が
ピッタリ合ってるんだなぁとふと思った。
今日集まった俺以外のメンバーは、
振った・振られた・浮気した・された・別れた・復縁した・また別れたといった感じに
様々な恋愛を経験してきたみたいだけど、
俺はこの先どうなるのだろうか。
正直、今のパートナーとはケンカですら起きる気配が皆無なので、
別れるなんてことは考えられないし、お互いに信頼関係が築けているから
浮気もなんだかありえないと思えてしまう。
しかし「恋は盲目」とはよく言ったもので、今はそんな風に楽観的に考えられていても、
1年後・2年後どうなってるかなんて全く分からない。
第一、「この人とは別れるかも」と思いながら付き合い続ける人間なんていないだろうし。

と、まあ結局は自分の思いを吐き出すところが無かったからここに書いてしまったわけだが。
こんなことを飲み会の場で喋ってもはっきり言って何にも面白くない。
他人の恋愛話ってホントにくだらなくてつまらなくてどうでもいいんだなって思った。
女子はなぜあんなにも恋愛話をベラベラ話し続けるのか。理解に苦しむね。

あと、最後に改めて肝に銘じたい大事なことを少しだけ。
人にはそれぞれ好みや価値観の違いがあって当然だ。
だから、ある人にとって魅力的な人物や考え方が、他のある人にとっては
全くそうは映らないということは至って自然なことである。
ゆえに、特定の個人からの評価や他人との考え方の違いに
一喜一憂する必要は全くない。
自分を評価してくれる人間や、考え方に賛同してくれる人間は必ず存在する。
スポンサーサイト
2013.05.06 Mon l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://willspower.blog16.fc2.com/tb.php/643-990b6f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。