上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
毎年恒例、研究室旅行に行ってきた!
と言っても、昨年秋に配属したばかりの我ら4年生は当然初めての行事だ。

めちゃくちゃ楽しかったのは間違いないんだけど、
社会の厳しさというか、集団生活の難しさというか、そんなものを痛感させられた。
周りの人への気遣いとか、コミュニケーションとか正直疲れた。
うちの研究室の人間は本当に尊敬できる素晴らしい人たちばかりだと、
自信を持って言えるが、やはり人間多少の好き嫌いはあるわけで・・・
目上だろうがなんだろうがお構いなしにすぐに打ち解けられる人は本当に尊敬する。
でも俺には絶対無理だね。
俺という人間は、集団生活というものに非常に不適な人間なのである。
これは揺るぎない事実だ。
この事実はもう受け止めざるを得ないなと、月日が経つにつれて強く思うようになってる。
大事なのは、受け止めた上で、どういう風に身を振るかということ。
社会に生きるものとして、集団で何かするということは避けられないから。

今回の旅行で特に具体的に思ったことっていうのは、
「俺って、キャラ定まってないなー」ってこと。
ノリのいい先輩とかに絡まれると、こっちもノリを
合わせてかなきゃいけないのかなって無理してしまう。
で、無理して合わせる時と、素の自分でいる時とで半々だから、
よくわからない奴になるっていう・・・

俺はこういう人間なんです!っていうのを確立すると集団生活もやりやすくなるのかも。
それは自信とか自己肯定感というものに直結するのである。

大切なのは自分が自分であること。
スポンサーサイト
2012.08.30 Thu l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://willspower.blog16.fc2.com/tb.php/598-6e22570f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。