上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日は友達の家でミニ鍋パーティーだった。
個人的にすごく絡みにくい苦手な奴がメンバーにいたせいで、
あまり楽しめなかったかな・・・
しかも遅れてやってくるやいなや彼女出来ました自慢ときた。
これにはいらっとせざるを得なかったぜ・・・
まあ自分が猛烈に彼女を欲してることによる嫉妬だけどもね笑

でもそいつの話し聞いてたら、やっぱ「恋人」の存在っていうのは大きいのかなと改めて思った。
俺は「恋人がいたら人生毎日薔薇色」なんて、これっぽっちも思って無い。
楽しいことも辛いことも同じくらいたくさん経験して、共有して、成長できる。
恋人ってそんな存在なのかなって思う。というかそういう恋人ができたら嬉しいと思う。

最も大事なことの一つは、まず行動を起こすこと。
でもそんなことはすでに分かり切ってる。
行動って具体的になんだよ・・・って考えてたらあっという間に夕方になってた。
答えはたぶん行動しないと見つからない。
スポンサーサイト
2012.03.03 Sat l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人生を好転させるためのプロセスはこうだと思う↓

【承認⇒熟察⇒覚悟⇒行動】

『承認』
正当または事実・真実と認めること (広辞苑より、以下同)

『熟察』
よくよく考えること。深く見極めること。

『覚悟』
①(仏)迷いを去り、道理を悟ること。
②あきらめること。観念すること。

『行動』
あることを行うこと。


広辞苑から意味を抜粋してみた。熟察っていう言葉は電子辞書で調べてて初めて知った。
パソコンで変換できなかったのであまりメジャーな言葉ではないみたいだが、
俺が書きたい意味にぴったりな気がしたので採用してみた。

で、ここから本題。
人生を好転させるためにはどういうプロセスが必要かということ。

まずは『承認』だと思う。
自分のこれまでの人生、今の人生、これからの人生を認める、受け入れるということ。
要は現実としっかり向き合いましょうということだ。
俺は自分の人生はクソみたいなものだと思ってる。
でも自分の人生をクソだと思うっていうのは実はそれだけでも立派なことかもしれないとも思ってる。
人生のクソさ加減に気づくことすらできなかったら、好転も進歩も何も始まらないからだ。
「ま、こんなもんでいいでしょ♪」って楽観的に思ってしまったら進歩が無い。
(もちろん、楽観的な考えが必要な場面はそれはそれで多々ある)

次は『熟察』。
現実と向き合い、なぜそうなったのか、これからどうすべきか、じっくりと考える。
ベストの方法(これさえやっときゃ100%OK!っていう方法)はなかなか見つからないだろう。
でも、ベターな方法は割とたくさん見つかるものである。

そこで『覚悟』だ。
ベターな方法を行う時に必ず付きまとう雑念というものがある。
「本当にこんなのやって意味あるのか?」
「これをやるといろいろ犠牲が出てくるなぁ。」
「これやって何も変わらなかったらどうしよう・・・」
「そのうちもっといい方法見つかるんじゃね?」
こういった思考の根底にあるのは「めんどくさい」とか「失敗が怖い」とか「恥ずかしい」といった感情だろう。
そういう感情を押しのけてでも前に進みたいと心から思えた時、
それが『覚悟』ができたということなんだと思う。

『覚悟』さえできたらあとは『行動』あるのみ。
承認⇒熟察⇒覚悟のプロセスをきちんと終えていれば終えているほど、
この『行動』というものが効果的に、持続的に続けられるだろうと思う。
逆に、適当なプロセスで無理やり行動を起こしても、めちゃくちゃになるし、続かないだろう。


上記の考えが正しいかどうかは知らない。
仮に正しいとして、俺には何が足りないのかなぁって考えてみたら、
全部足りないような気がしてきた(笑
確かに自分の人生クソとは思っているが、心のどこかで
「そのうちどうにかなる」とか「もっとクソな人生の人もたくさんいるから問題ない」
とか思ってる気がする。
だから自分の人生を少しは考えるけど、深くも考えてなくて、
めんどくさい気持ちが優先されるから毎日ダラダラと過ごして、
たまに行動しても3日坊主。

まずは自分としっかり向き合うところからスタートだな。



2012.03.04 Sun l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先輩との会話の一ページ。

先輩「家で何してんの?」
俺「・・・ぼーっとしてます(笑」

まあ俺の回答は半分ボケで言ったつもりだったが、
実際、家で何をしてるかという質問に真面目に答えようとするとそれはそれで困る。
ボーっとしてばかりなわけはないが、「これやってます!」って胸張って言えるものが無い。
家での過ごし方なんて、のんびりしてなんぼなところもあるからボーっとするのも全然ありだと思うが、
もっとこの時間を有効活用したいなぁと思うのもまた事実。

逆に疑問なのだが、大学生って家で何してるもんなの???
2012.03.05 Mon l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先輩の受け売りなんだけど、物事を大きく変えていくことって大事だと思う。
しかしたとえそれが望ましい変化であっても、何かが大きく変わるということを人間は本能的に恐れる。
人間の体だってホメオスタシスというものが働いているし。
だからこそ本当に大きく変化していくためにはある種の大胆さや勢い・決心が必要になってくる。
恐いとか辛いとか面倒くさいとかいうのは論外。
ひっそりと朽ちていくか、思いっきりぶつかって砕け散るか。
どっちがましかなんて考えるまでもないよね。
2012.03.07 Wed l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いや~昨日のなでしこジャパンはマジで興奮したわ。
勝てなかったのは本当に悔しいんだけど、
ドイツ相手に0-2から始まって追いついたのがまずびっくりで、
そして後半43分に2-3になって万事休すかと思いきやまたしても追いついてさらにびっくり。
そしてそしてそのわずか一分後に再び勝ち越されて、さすがにもう絶望したわ笑
俺の周りの人間の様子から察するに、今回の大会の認知度は
ワールドカップの時ほどでは無い気がするけど、
俺の中では確実に記憶に残るベストゲームの一つになったと思う。
やっぱなでしこは何か持ってる。


さてさて全く話変わって、本日研究室にて。
試薬を間違えて大量に無駄遣いしてしまうというミスが発生した。
自信なかったにも関わらず、「多分これだろうな・・・」っていう感覚で
それらしき試薬を使ってしまったのだが、
後になってから別の場所で本当に使いたかった試薬をたまたま発見してしまったのだ。
先生に報告するのは恐ろしかったので(笑)、こっそり証拠隠滅しておいたが、
ネットで調べてみたら特別高価な試薬でも無いし、自由に使ってもよい試薬だったので多分問題無い。
それにしても使った試薬の種類次第ではとんでもない事態になりかねなかったミスである。
たまたま誰にもミスを気付かれなかった上、試薬も減っても多分気付かれないものだったのは幸運だった。
本当は証拠隠滅なんかせず、ちゃんと報告しなきゃ駄目だと思うんだけど、
俺にはそんな勇気ないよ・・・・
これからはきちんと指示を仰ぎ、慎重に物事を進める、っていうのを心がけないといけないね。
2012.03.08 Thu l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。