上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
就活セミナーというものに先週参加してきた。
俺は大学院に進学するので、実際に就職活動をするのは
あと2年ぐらい先の話になるのだが、非常にためになり、刺激になった。

率直な感想は「シューカツって大変なんだ・・・」ということ。
自己分析・自己アピール・話し方・コミュ力などなど、学校の勉強とか研究よりも
そういうことのほうがずっと重要だし、訓練が必要なのではと思った。

そして特に印象的だったのが「英語」について。
実際にシューカツを終えたばかりの大学生10人ほどから話を聴いたのだが、
10人中10人が、内定をもらった会社の最終面接で英語に関連することを質問されたという。
「英語自信ある?」とか「英語はどれくらい喋れる?」とか
さらには「英語で自己紹介してください」とかもあったらしい。

「これはやばい。」と思ったと同時に、
「英語できたら有利じゃね?」とも思った。(実際、すごくできるのなら有利らしい)

英語については将来必要だから学ぶというだけではなく、
純粋に話せたらかっこいいというのもあるし、海外旅行にも行きたいと思っている。
これだけの条件がそろえば本腰で英語に取り組まないわけにはいかない。
英語と言うのは言語だ。
話す・聞く・書く・読むという4つの技能を総合的にレベルアップさせてこそ本物の英語力であり、
企業が求めているのもそういう英語力を持った学生であろう。
しかし、4つのうち「話す」というのだけは独学が非常に厳しい印象である。
そこで、英会話スクールに通うという選択肢を考え始めた。
コミュ力の強化にもつながりそうというのも英会話スクールを考えた理由の一つだ。
ネットで調べてみるとどこのスクールも無料体験レッスンというのがあるらしい。
無料ならということで、この土日を使い、半ば勢いだけで無料レッスンに行ってきた。
まずはイーオンとベルリッツというところに行った。
そこに待ち受けていたのはまさに未知の世界だった・・・

というわけで長くなりそうなので続きは次回の記事に(笑
結論からいうとどちらのスクールにも入会はしないことに決めた。
だってレッスン料高すぎるんだもの(泣
スポンサーサイト
2011.12.04 Sun l 英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まずは手始めに最大手英会話スクールの一つ、イーオン(AEON)の
無料体験レッスンを受けてきた。

ここはとにかく楽しく英語を学びましょうというスタンスらしい。
コース説明などをしてくれたお姉さんは終始にこやかだったし、
体験レッスンをしてくれたおばさんは超ハイテンションだった。
生徒と講師も仲良さげで和気あいあいとしていた。

体験レッスンはお互いちょろっと自己紹介をして、
イラストを使って「○○はどこにありますか?」みたいなよくあるやり取りをして、
あっという間に終了(15分くらいか?)。

良くも悪くも大手という印象を受けた。
対応はしっかりしてそうだし、テキストや授業の質も平均以上ではなかろうか。
が、逆に突出して優れたところが見当たらない。
そしてレッスン料がやや高い気が・・・(テキストも・・・

8人ぐらいで受けれるグループレッスンがあって、
それだと1レッスンあたり3000いくらで受けれて、安いのだが、
さすがに人数が多すぎる。

決して悪くは無いのだが、入会する決め手が見つからなかった。
スタッフがとにかくニコニコしてて、人が良さそうなひとばかりだったので、
そういう環境で英会話を学びたい場合は良いのではなかろうか。
個人的にもそういう雰囲気は好印象だったが、決め手とはならなかった。
2011.12.05 Mon l 英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週の日曜に行ったのがベルリッツの体験レッスン。
ベルリッツの第一印象はフォーマル。
イーオンは子供向けのレッスンも併設されているところだったので、
華やかでアットホームな印象があったのだが、
ベルリッツは全体的に落ち着いた色合いや飾り付けで、
担当してくれた女性の方も、にこやかではあるがイーオンのようにフレンドリーな感じではなかった。
ちゃんとお客を「お客様」として扱っているなと思った。(イーオンは「お客様」ではなく「生徒」)

話もそこそこに体験レッスンが始まった。
「実際のレッスンと同じ時間、同じ内容のレッスンを体験していただきます」ということだったのだが、
これが本当にきつかった・・・

相手は外国人講師で、講師からいくつか質問をされて、
同じような質問を今度はこちらから講師のほうにするという形式。
イラストを使ったものとか、シチュエーションを想定したものとか。
内容自体がハードなだけでなく、講師のほうからあまり助け舟は無かったし、
相手のリアクションも少なかったのがきつかった。
それが40分。まさに地獄。

イーオンと比べると、楽しさは無かった。
しかし、実力がつくと思われるのはどう考えてもベルリッツだと思った。
相手に質問するという形式(ベルリッツメソッドというらしい)は効果的だと思ったし、
助け船が少ないので、是が非でも自分が何かしゃべるしかない状況に追い込まれるからだ。

「さすがビジネス英語に定評があるベルリッツさんや!」
ときついながらも感激したわけだったが、やはり入会には至らなかった。
ベルリッツ最大の弱点。それはレッスン料の高さである。
1レッスン40分で7千いくらとか8千いくらとか、アホかと。
しかも1回に2レッスンが基本とか言ってきたから、
週1回80分のレッスンで1回1万5千円とか取られるわけである。アホかと。

レッスンは本格的で実用的で実力がつきそう。
でもレッスン料が馬鹿みたいに高い。
それがベルリッツという英会話スクールである・・・

そういえば最近知ったんだけど、
会社の経費で英会話学校に通わせてくれる(通わされる)会社が結構あるらしい。
うらやましい限りである。



2011.12.08 Thu l 英語 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今月はブログの更新頻度がえげつなく低くなっている。
まあいろいろ、ほんとにいろいろあって、充実してると言えば充実した日々なのだが、
そんなときこそ自分の気持ちとか、感じたこととか、反省とかを記しておくべきだと思う。

今日は飲み会だった。
同学年8人というかつてなく微妙であり絶妙でもある人数。
ちょうど一テーブルに収まる人数だったので、みんなで会話を共有できたのが新鮮。

だが、やや盛り上がりに欠けたかなという印象。
相変わらず自分の話題提供力の低さにはあきれてしまう。
今思い返せばいくらでもネタはあったのに、どうしたものか。
気配り面でも反省材料が多い。
ちょっと皿を整理するとか、箸を渡すとか、注文まとめるとか、
小さな気配りが当たり前のように出来る人間になりたい。

今月、飲み会があと3回もあるので、
自分磨きも含めて楽しみたいと思う。

大切なのは、
「満面の笑顔」
「全てを楽しむ心意気」
「周りへの過剰なまでの気遣い」
「ほんの少しの勇気」

2011年、ラストスパートをかける!
2011.12.21 Wed l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
このごろほんとに寒いですね。
明後日ぐらいからさらにもう一段階寒くなるんだとか。

寒いと唇がうまく動かなくて、滑舌が極端に悪くなる。
多分俺だけではないはず。
ついでに乾燥で喉もやられて、うまくしゃべれない今日この頃である。

最近はコミュニケーション、特に人との会話というものを
意識しすぎて無駄にあれこれ考え込んでしまっている自分がいる。
でもこうやって考えたことが後々になって、意外と役に立つ
っていうことになりそうな予感はする。

兄がもうすぐ30代に突入するのだけど、それでこの前
「20代はどうやって過ごしたらいい?」
って聞いたら、一言、
「苦しめ」
と返ってきた。
半ば冗談っぽく放たれた一言だったのだが、
俺としては割と納得がいき、なるほどねと思える回答だった。

社会に出たらもっともっといろいろなシチュエーションでいろいろな人に出会い、
コミュニケーションを強いられるんだ。
今のうちに苦しみ抜いて自分を成長させられたらどんなに素晴らしいだろうか。

しかし寒い・・・

2011.12.21 Wed l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。