上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
で、振られた・・・

デートの直前までは自信に満ち溢れていたんだけど、
デートが進むにつれて、不安な気持ちのほうがでかくなっていった。
「この人は俺のことそんなに好きじゃないのではないか」と。
そんなこと考え出したら、面白いことも言えなくて、気の利いたこともできなくて、
ますます不安な気持ちになった。

でもこの日を逃したら後悔すると思い、半ばやけくそで自分の気持ちだけは伝えた。
「考えさせてほしい」と言われた。

そして今日メールが来て、振られた・・・

予想通りの返事だったけど、ショックはでかい・・・
彼女には「気持ちの整理が出来た」とメールしたけど、それは嘘だ。
当分の間はこの件を引きずってしまうだろう。
何もやる気が起きない。

スポンサーサイト
2011.10.02 Sun l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
振られてから3日が経った。

もっと立ち直れないぐらいに落ち込む予定だったんだけど、
意外とそうでもなく前向きな自分がいる。

なんでなのかというと、気付いてしまったからだ。
「もう一回告白すればいいじゃん!」ということに。

もちろん、当たって砕けるような真似はもう絶対にできない。
次告白するとすれば、それは100%OKがもらえる確信が持てた時だけだ。
俺はどうやらすごく焦っていて、相手のことを何も考えてなかったらしい。
振られるのは確かに辛いが、振るほうも辛いのだ。

いつになるかは分からないし、永遠にそんな時は来ないのかもしれないが、
もう一度あの人が俺のことを見直そうとしてくれる時が来たら、再チャレンジしようと思う。

2011.10.05 Wed l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここ数カ月ずっとお腹の調子が悪かった。
だいたい2回に1回は下痢まではいかなくとも軟便ぎみだった。
また、食後30分~1時間あたりで我慢できない急激な便意に襲われることがよくあった。

なんとかこういう状態を改善しようと、
食べ物に気を使ってみたり、胃腸薬を飲んだり、粉末の食物繊維を摂取したりしてみた。
食物繊維は一時的な効果があったように思うのだが、やはり根本的な改善にはつながらなかった。

それで試行錯誤の末、「お腹のガスを抜く」という方法にたどり着き、
ここ二週間ほどはほぼ毎日非常に健康的な便通が続いている。
このガスを抜くというのは別にむずかしいことは何も必要ない。
仰向けに寝転がって、太ももを上半身のほうに思いっきり引きよせてゴロゴロするだけ。

これを毎日やるようになって明らかに便通が良くなったのだが、
それに伴い、肌荒れがやはり明らかに減った。
まあ以前から 「お腹の調子=肌の調子」 というのは自分の中で思っていたことなのだが、
ここまで劇的に快便が続いたのは今までに無いことなので、改めて強く実感できている。

この調子で月単位、年単位で快便が続けば、多くの面でかなりの恩恵があるに違いない。
2011.10.07 Fri l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
やることがほぼ皆無なこの3連休。
来週から研究室配属でいよいよ忙しくなるわけだが、
暇すぎるのもそれはそれで大変だ。

こういう暇な休日はついついボケっとテレビを見続けてしまう。
帰れま10の再放送(ココイチ編)観てたらめっちゃくちゃお腹すいてきた。
とにかくおいしいカレーが食べたくなった。
昨日1年以上ぶりに学食のカレーを食べたら、改めてその微妙さに衝撃を受けてしまった。
俺は大概の物はおいしく食べられる人間なのだが、あれだけは無理だ。
しかもよりによってカレーという定番中の定番料理であれは無いわー。
正直、レトルトカレーのほうが数段上だと思う。
しかし日本のレトルト食品はすごい。
レトルトカレーの味って家庭で普通に作る味とも、本格的な洋食屋さんのものとも
違った特徴的な味なんだけど、あれはあれで病みつきになる。
あと、個人的には冷凍のピラフを評価したい。
お皿に盛ってチンするだけ。で、あのパラパラ感。お世話になってます。
いずれはもっと様々な料理がレトルト化され、そのクオリティーも高まっていくのだろう。
便利な時代に生まれたなと思う。
2011.10.08 Sat l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
会話うまくなりたいぜーーって考えさせられる出来事がありました。
会話というのはいかに広げるか、そしていかに深く掘り下げるかの2つに尽きると思う。
俺はどちらかというと掘り下げるのが苦手な気がする。
何か話題を振られた時に、「そうですね」「そうなんだー」「すごいね」「やばいね」
などの言葉で止まってしまうことが多い。
会話を広げる(というか繋げる?)だけなら、「話変わるけど・・・」と言って
全く別の話題に飛んでしまっても問題ないし、なんならあらかじめネタを用意しておけば
無限に会話を続けることができるだろう。
しかし、相手が出してきた話題を掘り下げるのはそうはいかない。
相手の発言を受け、どう掘り下げるか考えなければいけないから。
なんとか普段からそういう訓練ができないものかと考えたけど、
やっぱり実戦で経験を積むしかないような気がする。
ネタを用意しておくのは会話力向上には大切なことだと思うが、
やはり相手の発言を受けて会話を掘り下げられるようになりたい。
2011.10.09 Sun l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。