上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一昨日、昨日はばっちり早寝早起き成功。
台風のため引きこもっていたが、しっかりルーティンワークをこなした。

が、今日はまさかの寝坊・・・
起きたのは夕方・・・

言い訳にしかならないのだが、
昨日は朝6時ぐらいに起きて、昼寝もしてないのに、夜全く寝付けなかった。
寝たのは多分4時ぐらい。

まあこういうときに気合いで早起きできないから進歩が無い。
とりあえず決めた時間に起きる。
例外はなし。


スポンサーサイト
2011.09.04 Sun l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
行ってきました、大阪&兵庫一人旅!
1日目は大阪で夏フェスrush ball、2日目は姫路城&神戸周辺。

台風直撃で開催が危ぶまれた今回のフェスだが、間一髪のタイミングで開催できたようだ。
会場はぬかるみだらけでそれはそれはひどい状態だったが、
逆に、よくあの台風の中きちんと設営がすすめられたなと感心する。
まあ始まっちゃえば足元なんか全く気にならず楽しめたからよかった。
一人参加かつ遠征の人なんてそうそう居ないだろうと思ってたけど、
かなりの数いたので、なんだか安心した。

2日目はとりあえず神戸牛を喰い、
そのあとは前々から行きたかった姫路城に行った。
が、これがなかなかの期待外れ・・・
やっぱ桜の季節に行ってこそなのかもしれん。
駅から城周辺までの町並みはかなりきれいだったけどね。
で、神戸をちょっと散策したんだけど、
これといったものは無かった(笑
神戸で一番よかったのは、新神戸駅のお土産売り場だな。
おいしそうなものがいっぱいで、1時間ぐらいどれを買おうか悩んでた気がする。

とりあえず今は歩きすぎて足が痛い・・・
2011.09.06 Tue l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
何もやる気が起きない。
今週TOEICだから英語を勉強しなきゃとは思うんだけど、
それすらやる気が起きない。

とりあえず、人と会う予定が無さ過ぎて辛い。
今は全てを忘れてばか騒ぎしたいようなそんな気分。

予定が無い一人の時にやるべきこと、準備しておくべきことは山ほどあるし、
元来俺は一人で過ごすのが大好きな人間なのだが、
今は何故かそういう気分じゃないんだよなぁ・・・

気持ちが整理できない。
2011.09.07 Wed l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりにブログ更新の間隔があいてしまった。
なんでもいいからとりあえず何かブログに書いておくっていうのは重要なことだと思う。
消すのは簡単だけど、その時の考えとか気持ちを思い出して書くってことは出来ないから。

ちょっと嬉しいことがあって、先週あたりのネガティブモードは脱することができた。
しかしどうもこう、ガッ、といかないね。
ずーっと低空飛行しているような感覚だ。

何も努力できてないのかと言われたら、そんなことはない。
じゃあ努力の成果が全く出てないのかと言われたら、そんなこともない。

いつからなのかは分からないが、俺は無駄に理想が高い人間である。
それを初めて自覚したのは、高校1年生の時に学校の個人面談で当時の担任から、
「おまえは理想が高いんじゃないか」ということを言われた時だ。
この面談は全員強制で行われたものなので、特別自分が何か悩んでいたわけでは無かったが、
せっかくの機会なので勉強のことを少し相談したらそう言われた。
中学校以前のことは正直言って記憶に無いので、いつからそうなったかは本当に分からない。

「理想が高い」というのはプラスにもマイナスにも働くと思う。
プラス面は、自分の理想(合格ライン)を目指しているうちにいつの間にか
平凡以上のところに到達している、ということ。
(「やべぇ、全然テストできなかった・・・」と思ったら、余裕で平均点越えしてたとか)

マイナス面は理想が高すぎるあまり、ちょっとやそっとのことでは
達成感や自信が得られない、それどころか平凡以上のできであるにも関わらず、
落ち込んだり、自信を無くしてしまうということ。

今までにプラス面が発揮されたなと思われる出来事はもちろんあるのだが、
自分の中では明らかにマイナス面の影響を感じることが多い。
(そう思うのはこれまた「理想が高い」ゆえだと思うが。)

人間だれしも、達成感とか充実感とかを味わいたいのは当然だ。
そういう感情は人生に必要不可欠なものだ。
理想が高い人間がそういう感情を味わう方法は2つ。
①なんとかして理想へ到達する
②理想を下げる、理想には届かなくとも素晴らしい成果だということを認識する
・・・だと思うんだけど、残念ながら②の選択肢は俺としてはあまり気に食わない。
「だって、これって逃げとか妥協ってことじゃないか。」と思ってしまう。
(そう思うのはこれまた「理想が高い」ゆえだと思うが。)

結局、俺みたいに無駄に理想が高い人間は理想に向けて努力し続けるしかないのかもしれない。
最近の俺は3日頑張って3日さぼっての繰り返し。
それでそれ相応の低空飛行という状態だ。
頑張ってるほうの3日間、どれくらい頑張っているのかというと、
全く苦痛などは感じず、むしろその3日間だけなら少しは楽しく、充実感がある。

要は、継続的な努力が必要ということ。
急上昇せずとも、最悪、下がることが無いように生活していこうと思う。
そうすればいつの間にか高いところに到達している。

俺の人生経験を総動員して考える限り、平凡と非凡の差っていうのは
多くの場合小さなことの積み重ねで生まれている。


久しぶりに長い文章書いたらすごい時間かかってしまったorz
2011.09.17 Sat l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「魔法少女まどかマギカ」というアニメを観た。
全12話を1日で観てしまった。

最近ネット上でよく見る、
「僕と契約して~~してよ!」(顔文字略)
というやつの元ネタがこのアニメだと分かり、どういうアニメなのか無性に気になってしまった。
上の元ネタのセリフをしゃべるキュウベエ(通称QB)というキャラは小動物系の見た目でなんかかわいいし。

タイトルとか作画から察するに、
「ひょんなことから魔法の力を手に入れた普通の少女が正義のヒーローになり、悪い奴らをやっつける!」
みたいなストーリーなんだろうなと最初は勝手に思い込んでいた。
だが実際のストーリーはそんな勧善懲悪的な単純なものではない。
善と悪、希望と絶望が複雑に入り乱れ、SF的な要素も絡んでくる。
途中からもう観てられないぐらい残酷な鬱展開の波状攻撃。
小さな子供がプリキュアとかセーラームーン的なものを
期待して間違えて観てしまわないようにしてもらいたい(笑

で、鬱展開ながらもとにかく先が気になる。
そして伏線がどんどん回収されていく終盤の展開は素晴らしい。
最終回、そのまま鬱展開・バッドエンドでフェードアウトするのかと心配したが、
絶妙なところでうまく収めたのがまた素晴らしい。
ハッピーエンドなんだけど、完全なハッピーエンドではないというか。
哲学的な話なのかと思いきや、最終的には「大切な人を守りたい、救いたい」という
少女の当たり前の感情が一貫して貫かれていたのがなんかジーンときてしまった。

正直アニメというものをなめていたので、
思い込みでいろいろ判断していたことを恥ずかしく思った。
単純に話が面白いというのもあるし、いろいろ考えさせられたから。
必死にアニメやゲームを否定している大人たちがいるのだけど、
そういう人たちはこういう作品をちゃんと最初から最後まで観ているんだろうか。
俺はアニメを否定まではしてなかったけど、全く興味が無く、肯定もしていなかった。
でも少なくともこの作品に関しては好き嫌いはともかくとして、否定される余地は無いんじゃないかと思った。
2011.09.18 Sun l 雑記・日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。