上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は研究室の飲み会だった。
以前は飲み会での会話とかコミュニケーションとか作法とかで
色々と思い詰めてたけど、最近は自然な感じで楽しめてる気がする。
決して自分の飲み会スキル的なものが大きく上昇したとは思わないけど、
自分のスタンスを保って、人並みに楽しむことを覚えてきたなと思う。

だけど、今日はダメだったなぁ・・・
会話の中心に立つことはおろか、完全に話に入り込むタイミングを見失ってたし、
気を利かせてくれた人が話を振ってくれても、いい返しができなかった。
しかも、酒も料理も不味くて、何しに行ったんだって感じだ。
飲み会のがやがやした雰囲気やノリって、どうにも好きにはなれないけど、
これからも付きまとうものだから、もう少しうまくやり過ごしたいとは思う。

そんな感じでちょっぴりもやもやした金曜の夜でしたとさ。
スポンサーサイト
2014.08.09 Sat l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は同期+一個上の学年20名程度で飲み会だった。
隣の席がかなり能力の高い先輩だったため、
終始テーブルの雰囲気は盛り上がったものになっていたし、
自分自身は少ない発言機会だったもののうまくやり過ごした感はある。
その後皆が移動し始めてからも、先輩と普通の会話したり、
平穏なグループに入って料理や会話を楽しむことができた。
自分の中ではベストな内容だったに違いない。

しかし、やっぱり自分は酒が弱い。
それに加えて、酒が入るとネガティブになってしまうような気がする。
飲み会のまさにその瞬間っていうのは楽しいって思えることもあるけど、
帰宅中とかに思い返してみると、「俺、何やってんだろう・・・」と
いうような思いがこみあげてくる。
とにかく、飲み会が好きではないのは間違いない。

それにしても飲み会に関係なく、ここ数日は心がもやもやしてる。
些細なことばかりだけど、色んなことが起きて、やること・考えることが
あれこれあって、少しずつ心が蝕まれているような感じ。
冷静に考えればたわいもないことばかりなんだけど、
完全に気持ちを切り替えるっていうのは難しい。
この先、もっといろんなことを考えなきゃいけないだろうから、
はっきり言って今の状況なんてほんとは生ぬるいものなんだろうね。
2013.05.11 Sat l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
夕方17時ごろに、「今日の19時から飲むんだけど来れる?」と、
中学時代の友人からメールが来た。
どうやら中学時代の友人をもう一人交えて3人で飲もうということらしい。
奇跡的に今日は暇していたので二つ返事で参加することにした。
待ち合わせ場所に行って話を聞いてみると、どうやらその友人の知り合いの
女の子二人も呼んだということで、結局5人で飲むことになった。

その女の子二人っていうのがねぇ・・・
はっきり言って、自分とは全くソリが合わなそうなタイプの人間だった。
おそらく向こうも俺のことを見て、「は?何、このパッとしない男・・・」
ぐらいのことは思っていた可能性はある(笑
まさに水と油のような関係といっても過言じゃない。
世の中にはいろんなタイプの人間がいるんだなと改めて実感した。

まあ特に話のネタも無かったからありがたいといえばありがたかったんだが、
この二人がよーーーく喋ること喋ること。
ひたすら恋愛話。そして彼氏自慢。
今世紀最高に「どうでもいい」と思ったね。
しかしこうやって異色の人間の恋愛観とか恋愛模様を聞いていると、
自分自身の恋愛の在り方とか向き合い方とまるで違うということに気づかされる。
ああいう人にはああいう人なりの、
自分には自分なりの恋愛観や価値観があるんだと実感した。
で、今のパートナーとはやっぱりそういう感覚が
ピッタリ合ってるんだなぁとふと思った。
今日集まった俺以外のメンバーは、
振った・振られた・浮気した・された・別れた・復縁した・また別れたといった感じに
様々な恋愛を経験してきたみたいだけど、
俺はこの先どうなるのだろうか。
正直、今のパートナーとはケンカですら起きる気配が皆無なので、
別れるなんてことは考えられないし、お互いに信頼関係が築けているから
浮気もなんだかありえないと思えてしまう。
しかし「恋は盲目」とはよく言ったもので、今はそんな風に楽観的に考えられていても、
1年後・2年後どうなってるかなんて全く分からない。
第一、「この人とは別れるかも」と思いながら付き合い続ける人間なんていないだろうし。

と、まあ結局は自分の思いを吐き出すところが無かったからここに書いてしまったわけだが。
こんなことを飲み会の場で喋ってもはっきり言って何にも面白くない。
他人の恋愛話ってホントにくだらなくてつまらなくてどうでもいいんだなって思った。
女子はなぜあんなにも恋愛話をベラベラ話し続けるのか。理解に苦しむね。

あと、最後に改めて肝に銘じたい大事なことを少しだけ。
人にはそれぞれ好みや価値観の違いがあって当然だ。
だから、ある人にとって魅力的な人物や考え方が、他のある人にとっては
全くそうは映らないということは至って自然なことである。
ゆえに、特定の個人からの評価や他人との考え方の違いに
一喜一憂する必要は全くない。
自分を評価してくれる人間や、考え方に賛同してくれる人間は必ず存在する。
2013.05.06 Mon l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
若干遅いような気もするが、研究室に新入生が入ってきたということで
彼らの歓迎会が開かれた。

しかし、今日の飲み会は反省しかない。
全く楽しくなかった上に、肝心の新入生とのコミュニケーションもとることができなかった・・・
テーブルのメンツが悪かったとか、言い訳したい気持ちに少しなってしまったが、
これはもう完全に自分自身の実力不足・準備不足である。
この4年間何をやってたんだと自分自身を問い詰めたい。

とにかく何か話題を出す。
話を広げまくる。話を拾いまくる。
注文など気遣いをする。

何もできてないじゃん。

はっきり言って自分は飲み会は好きではない。
人と話すのは苦手だし、お酒も特に美味しいとは感じない。
もはや飲み会なんて無くていいんじゃないかとさえ思ってる。

しかし、これではダメだ。
来月、再来月と少なくとも2回は飲み会が決まってるから、
その時は準備と心構えをしっかりして臨みたいと思う。

とはいったものの、いったい何をどうしたらいいのかという疑問はある。
今日の飲み会、隣のテーブルは激しく盛り上がっていた。
それはもう楽しそうであった。
だが、その人たちは別に中身のある話をしているわけではなくて、
結局は俺の苦手な「よくわからないノリ」で盛り上がっているだけだった。
俺だってどうせ飲み会に参加するなら、それはもちろん楽しんで帰りたい。
しかし、俺がやりたいのは決してああいうようなことではない。
純粋に会話やコミュニケーションを楽しみたい。
あの人たちにはあの人たちの、俺には俺の楽しみ方や趣向があっていいと思う。
それを実現するための御膳立ては自分自身でやらなければいけないんだと思う。
今日はそれができなかったし、やる気すら出してなかったからダメだったのかも。

なんだかワケが分からなくなってきたけど、飲み会って社会で生きていくうえで
ほんとに重要なイベントだと思うから、しっかり対応できるようにしたいということで、
このよくわからない文章を終了することにする。
2013.04.26 Fri l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっと早い気がするけど、昨日は研究室の忘年会だった。
相変わらずうちの研究室は平和的でまったりした飲み会でいいね。
今まで全然飲み会で絡めなかった先輩とも結構話せたし、
序盤でいい感じに話題提供もできたし、今回はまずまずの出来だったな。

しかし、某先輩のトーク力の高さには本当に驚かされる。
相手や場の雰囲気に合わせて話をつなげられるのがすごいし、
沈黙になってもオチのある話で場を盛り上げてくれる。
後半は俺はお酒でちょっとボーっとしてきて、
あまりいい返しやツッコミができなかったのがちょっと残念だ。

先輩が就活中というのもあり、就職関係の話が結構あったのだが、
やっぱり仕事に就くと、飲み会とかはたくさんあるようだ。当たり前だけど。
そういう意味でも、現状に満足せず、飲み会での立ち振る舞いや
会話力に磨きをかけなければと思う。
貪欲に向上心をもって自分を高めないと。
2012.12.08 Sat l 飲み会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。